映画を観た後の言語化を拒むな。僕と映画のはなし。

エンドロールが流れ始める。そこは暗闇で、静かな余韻が尾を引いて演者たちの名前が下から上と表示される。

僕はあの時間を、思ったことを言語化する時間と決めている。その映画を見てどういうこと思ったのか、どんな描写があって、どんなことを伝えたかったのか。大きな余韻に浸る。その感動が、静かな力となって動き出す時があるのだ。

だからエンドロールには微妙な魅力があって、これに人は引きつけられる。

僕はそこまで作品数は見てはいないが、映画が大好きだ。それは、憧れの先輩からデビットフィンチャーのゲームを勧められたことに始まる。

映画を観てる時だけ、現実から切り離された空間に僕がいて自分を客観的にみれるから映画はいい。自分とその世界全体を見渡したカメラアイによって俯瞰されている気分になる。そこにナレーションがかかり、自己を再確認できる。そんな感覚になる映画が僕はたまらなく好きで、時間があれば作品を観る。


Michael Douglas and David Fincher in The Game (1997)

デビットフィンチャー作品はいわゆるどんでん返し展開と言うやつだから、中学生の頃の僕にはかなりの刺激でかなりの衝撃だった。そこからデビットフィンチャー作品を狂ったように見始めた。

映画館で映えるような黒を基調とした映像美も、独特なテキストやアングラなサブカル的な世界観も全部好きだ。

どんどんはまっていってTwitterで映画アカウントを作ることにした。周りのユーザはこぞって最新作の映画やDVDで観た作品をレビューしている。なんだかそれがかっこよくて自分も見よう見まねでその日見た映画の感想を綴ることにした。

これが僕のライティングの原体験かもしれない。無意識的に言語化する体験をしていた。
見終わった後にどうやってツイートしようかと、考える。何が言いたいのか何が良かったのかを。

僕は何事も言語化できると思っていて、逆に言語化できない事はまだ自分の中で消化しきれていないことだと思っている。それは語彙力だとかじゃなくて、自分で思ったことを自分の言葉で表現する力だ。

もちろん「不完全」を真摯に静観してこそ生まれる情動も尊いが、自分と言う言葉の方舟に乗せて波になる事はとてつもなく重要なことだと思う。

アウトプットこそ全てじゃん。それを見てどう思ったか。だから僕は映画を観た後にあれやこれやと間髪入れずに饒舌になる。

black-and-white-caixa-belas-artes-cinema-65437
black-and-white-caixa-belas-artes-cinema

だからエンドロールは意味深い。別にマナーとかではない。感想なんて人それぞれで学や才も関係なく語り合うのだ。人によって思ってることが違って、その人その人に独特の話しぶりがある。

もちろん言語化できないほどの何か超越した圧倒的熱量にやられることもしばしばある。でもそれをしわくちゃにして言葉にする。大体そういう時は「エモい」しか出てこないけど、それはそれで楽しいからいい。

だから言語化することを拒むな。恥ずかしいと思うな。自分の思ったことを自分の言葉で伝える事は存外面白い。

そう、美しいとりとめのないことをあれやこれやと語ろうよ。はかない夢から覚める前に…

この記事を書いた人

おっかー

自分の体験したことを中心に文章を書いている学生です(18)
“暮らしにイノベーションと体験を。”をキャッチコピーに新しい文化やその広め方にフォーカスを当て、このブログの管理人をしています。
okkaaa名義で楽曲も配信中。Spotify他、ストリーミングサービスにてご利用いただけます。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。



映画シェイプオブウォーター”大人がココロオドル究極の映画” | レビュー

昨日、シェイプオブウォーター見てきたんだけど、いやーすごいよかった。この熱量が冷めないうちにここにレビューを書き留めて置くことにする。

この記事は、ネタバレ要素も含みますのでご容赦ください。

究極のファンタジー・ロマンス

アカデミー賞受賞の作品と構えて行ってみたはものの、まさかあんなファンタジー要素が組み込まれているとは思いもしませんでした。

語りから始まるオープニング、懐かしさを感じる映画館や、60年代のアメ車にモノクロテレビ。

映像から漂う独特な色づかいや雰囲気は視聴者を一層ファンタジー世界に引き寄せたことでしょう。

時代背景は1962年

以下は監督インタビューによるものです。(参照 https://www.fashion-press.net/news/33472)

時代背景に込めた意味についてお聞かせください。
アメリカが偉大になりつつあった時代が1962年。
非常に裕福、宇宙に目が向いて、将来に希望があり、ケネディもホワイトハウスにいて。
でも一方で、冷戦、差別などもあった時代。愛や感情への考え方が複雑で困難だった時代です。
現代と1962年を似た時代のように捉えています。
この時代をおとぎ話として語れば人は耳を傾けてくれるんじゃないか…と思いました。
1962年にこんな話があった…というように。映画という意味でも、今と1962年は似ている。
今、映画は衰退しています。
実は、1962年もテレビの影響で映画が衰退した時代。
そういう背景から、映画に対する愛をこめて描いた作品です。

キャストが濃い。

(画像は公式HPhttp://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/cast/から参照)

主人公
 サリー・ホーキンス(イライザ)

1976年、イギリス、ロンドン生まれ。イギリスの最も尊敬されている女優の一人。

卵めっちゃ好き。ゆで卵をつくるのと自慰行為が朝の日課。研究所で働いている。

この自慰行為のカットは凄い重要だと思ってて、これによって女性の美しい側面ではないリアルが描かれている。いわゆる「きれいな物語」というステレオタイプを排したともいえるだろう。

自慰行為って欲求の象徴なわけだから、あのカットは非常に大きな意味を持っていたのかなぁとも思う。

主人公の友達 

オクタヴィア・スペンサー(ゼルダ)
 1970年、アメリカ、アラバマ州生まれ。今、ハリウッドで最も人気を集めるベテランの演技派女優。

映画「ドリーム」などで知られる、オクタヴィア・スペンサー 。

彼女の独特なユーモアが会場を賑やかせます。

そしてこの人は

マイケル・シャノン(ストリックランド)

1974年、アメリカ、ケンタッキー州生まれ。

この人はすっごい悪い役やりきってたなぁ。

この作品のR15部分の原因、大体この人。

 

 

心と体のコミニケーション。言葉もいらないし容姿も関係ない。

 

主人公は声の出ない女性、イライザ。

そんな彼女は清掃員として極秘研究所で働き、そこでたまたま“モンスター”半魚人と出会って恋に落ちる。

「ありのままに私を見てくれる。」

言葉もいらないし容姿もも関係ない。ただ自分だけを見てくれる。ただ私を私として見てくれる。

こういう感覚ってすごい重要だなって思います。自分を本当にありのままに見てくれる人ってほんとにいるのかなって少し懐疑的になってしまう。

僕たちは今、SNSで常に誰かと通信している。

誰かのことを思って、誰かが作ったものに感化され影響されながら生きている。

そういう意味では、孤独な瞬間はあまりないかもしれない。この「孤独じゃない」が幸福なことかと聞かれると、首肯できない自分もいるんです。

 

 

この映画の主人公や周りのキャストは皆孤独でつながっています。

SNSが普及していない1,960年代に、主人公は声が出ないと言う孤独、隣の主人は絵が売れなくて1人で戦い続ける孤独を感じています。同時に彼はパイを売っている男性店員に恋をする。男性への遣る瀬無い気持ちで、ある意味これも孤独を感じさせる要因だったのかもしれません。

 

そんな中、「最も孤独を感じているモノ(彼)が居る」と彼女がいう。

それは、研究室で会った半魚人でした。そしてそんな彼女と半漁人は恋に落ちる。そこには言葉がいらなくて、容姿も関係ない。心と体で触れ合う究極のコミニケーションだ。

 

 

伝えるってなんだろう

 

劇中アリス・フェイのYou’ll Never Knowが何度か流れます。あなたには決してわからないわ。と彼女は歌う。

出てくるモンスターやキャラクターはとても強烈でユニーク、でも時には切なくて愛くるしい。

そんな半漁人“モンスター”は彼女の気持ちを完全には理解できません。いやできているかもしれないけど、伝わらない。伝えきれない。

僕たちが普通に生活してて、自分の思いを100%伝えることって意外と難しくて、お互いの思いが食い違うことって結構あるんですよね。その伝えきれない気持ちって、だいたい理屈を超えた圧倒的物量なんですよね。

言葉にすると難しいっていう、装飾だけじゃ足りない何か超越したもの。これを伝えるって難しい。いいことも悪いことも。

だからこそ伝えるってすごいことなんだなぁと。言葉が出ない彼女でさえ、彼に自分の思いが伝わらなくて日々葛藤している。だからこそ、彼女が歌い出すあのシーンにはは思わず目頭が熱くなりましたね。

 

ツイッターなどからの意見も紹介します。

@mappapp(ネタバレ)タップダンスは黒人奴隷が私語を禁じられた時にコミュニケーション手段として生まれた、と言われるモノ。
それを話すことを封印されたイライザが愛してることにメッセージがある。そしてラストで、話すこともタップもいらなくなる世界への旅立ちとなることも。
#シェイプオブウオータ

 

この映画はモンスターと恋をすると言う題材、なのですが普遍的な愛の要素がたくさん詰まっています。

愛を感じる。というまさに直感的なもの。こういう感覚はあまり重視されていないけれど、今の時代だからこそ必要なのかもしれない。

今の時代にこの映画ができた意味は大きいと思いますね。ぜひ未見の方は劇場へ足を運びください!

 

この記事を書いた人

おっかー

自分の体験したことを中心に文章を書いている学生です(18)
“暮らしにイノベーションと体験を。”をキャッチコピーに新しい文化やその広め方にフォーカスを当て、このブログの管理人をしています。
okkaaa名義で楽曲も配信中。Spotify他、ストリーミングサービスにてご利用いただけます。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。