ユビキタスとデジタルネイチャーのその先へ。ネットが見える化した世界の文化発信の提案【IOC】

「仮想」という言葉で呼ばれてきたオンライン・ディジタルの世界は,パーソナルコンピュータ,PDA,携帯 電話の遍在化と,常時オンのネット接続により,「現実」 の日常生活の基盤に深く食い込んだ.その結果,「現実」 と対比してあえて「仮想」と呼んだ二極対立構造的世界観は,自然消滅しつつある.

これは石井裕の論文「タンジブル・ビット」の冒頭である
機能が突出した計算機はもはや自然と見分けがつかなくなりその対比的関係もなくなっていくというものだ。
彼が「タンジブル」概念を提唱してから、ネットは触れるようになる仕組みが生まれて、それが外に輸出された。

タンジブル・ビットの論文はこちらから

坂村健が提唱している「ユビキタス・コンピューティング」もまさにそれだ。発達したコンピュターは自然と同化して混在する。

ユビキタスの資料も探したのだが、如何せん僕の学部には紙というものがない。。。一般書籍読みたい。これもなんとかしてほしい。。

そしてそのグランドデザインを推し進めるべく、開発され実用化されているのがIOT技術。今まで人と人をつなぐ(inter)の役割として機能していたネットをモノにつなぐと言ったものだ。

IOT技術によって、ネットワークが身近になり、そして自らの生活にも溶け込みつつある。。。

そしてこのネットとモノをつなぐ動きは、確実にネットの可視化を意味している。

タンジブル的な世界観。どんな情報をも可視化されて存在する。

今、私たちが持ち合わせている美学でさえも。

もっと感覚的な話をしよう。自分が行きたいと思う生き方や知覚的に突き動かされる何か。

この内在的な意識すらもAIによって可視化されていく。
そしてそこから連携し、新しいプロジェクトや文化が生まれる。

これが僕の定義したい Information of Culture、「IOC」である。

美意識の可視化はもうすぐそこにある

TSUTAYAはAIを利用した自動レコメンドサービスを発表した。
ソーシャルを分析し、あなたの好きな作品を提案する。

=====【新】閲覧履歴に頼らない、新しい「レコメンド機能」の仕組み

【新】閲覧履歴に頼らない、新しい「レコメンド機能」の仕組み

独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて見解を述べる連載「イノベーターズ・トーク」。第157回(全5回)は、「TSUTA…

この同じようなスキームで美意識全体を可視化できないだろうか?
(しかし内在化しているものを既存のもので説明するとい矛盾が生じるのが問題。内在化しているものを表現する行為は全く新しいことだから。)

このようにソーシャルから自身の趣味思考を分析し、ダッシュボードに記録する。

フロー

データ解析・ディープラーニングでできるのだろうか。どういう仕組みのニューラルネットワークで動いているのか。。

J.Score(ジェイスコア) – 日本初、AIスコア・レンディング、始まる

あなたに関する様々なデータを最新のAI技術を活用し無料で分析、AIスコア化。AIスコアをもとに、『スコアレンディング』はあなたにとって適正な条件を提示します。AIスコアなら、夢や目標の実現に向けた選択肢を増やせます。

これはJscoreのようにデータ化するだけではない。あなたの「やりたい」を推し進めるアプリである。

これから文化はネットから生まれる。というかネットから生まれるのが自然となり、区別がなくなる。

この概念をもっと具体的に提案すべく、ユビキタスとデジタルネイチャーの研究をしたい。如何せん自分は、技術的なことは深くは関わっていないから力を貸してほしい。

このAI分析のシステムをまずは解明したい。そしてユビキタスコンピューティングも。

この感覚的で知覚に左右される意識の塊を見える化するために…..

 


 

Weiboで日本文化を輸出せよ。フォトグラファーにおくるWeibo使い方ガイド

濱田さん @Hamadahideaki が火をつけた日本人フォトグラファーのWeibo参戦。

中国では日本写真家たちの存在感が高まっている。

「2018年はおそらく日本人(のフォトグラファー)にとってのweibo元年になりますね。」と濱田さんは語る。今こそ、日本のフォトグラファーたちよ、Weiboを活用せよ。

Weiboとは?

Weiboは中国最大のSNSである。中国語では「微博」。「微」は「小さい」、「博」は「 ブログ」。
ミニブログ。TwitterとFacebookの中間と言ったところだろうか。7億人以上のユーザーがここにいる。
この中国最大のSNS。wiboで日本人フォトグラファーが人気になってきているという。

1日で2万人もフォロワーが増えるなんて夢のようだが、Weiboでは実際に起こる。さぁ、先人たちに続いて、日本の侘び寂びと呼ばれる美学や趣のある情緒を発信しよう。

フォトグラファーのためのWeibo使い方ガイド

ここでは、実際にWeiboを活用しているフォトグラファーらのアドバイスを引用していく。Weiboの実践的な使い方や手順はここに。




以下、なつよ @chinshonatsuyoさんから引用

①投稿時のハッシュタグにこれ #摄影
(写真じゃない)あとロケーションや被写体もハッシュタグで書く。
※weiboはハッシュタグ検索機能がありいいね増えると上位に上がる。

②アカウント名はできれば中国語漢字

③アカウント名は検索ワードなので
なんの+カメラマン+名前 にすると良い
日本摄影师田中太郎

④紹介文に仕事のご用命のメルアド残して!

⑤撮影 で検索→用戸(people)→片っ端から気になる垢フォロー
あとは自分が良く撮るテーマのアカウントをフォロー

⑥カメラマンなのにクリエイティブにこだわってない垢はダサく見えるので有料会員になって背景設定をする。

⑦被写体にアカウントがあれば@でメンション

⑧weiboをやる目的を決める
仕事の発注がゴールならテーマを明確に。

⑨google翻訳だけだと意味不明なので半分日本語半分中国語でおk

⑩まず1ヶ月毎日投稿して運用リーチが多いやつに広告出稿
※時事ネタにのる
例えばいま中国は国慶節休みなので観光地ネタなど。中国の知識を身につける。

⑩まず1ヶ月毎日投稿して運用リーチが多いやつに広告出稿
※時事ネタにのる
例えばいま中国は国慶節休みなので観光地ネタなど。中国の知識を身につける。

Weiboで日本文化を輸出せよ

登録して、日本語がなくなって、何を発信すれば右往左往してはいるが、日本を発信すべききなのは確かだ。それが侘び寂びなのかネオトーキョーなのかは人それぞれ。

日本人のアカウントでフォロワーが多い方のポートフォリオはテーマ性のあるものだ。

もちろん日本に固執する問題は全くない。他アカウントとの差異が国は違うことなだけであるから、あなたの好きな撮り方で、あなたの好きな写真を投稿すればいい。

#アジア圏の圧倒的規模感に触れる

もちろん日々拡大しつつあるアジア圏のネットワークを学ぶためWeiboに登録するのは有効である。(特に僕はそういう理由だし)

ー中国に出現した「未来都市」深センで見た驚くべき光景

中国に出現した「未来都市」深センで見た驚くべき光景(週刊現代)

1980年、人口3万人の漁村・深圳が中国初の経済特区になった。以来38年、隣接する香港を凌駕する「アジアのシリコンバレー」に成長した。世界最先端都市に飛び、深圳のいまを現地ルポした。

とっくに日本は中国に抜かれたという意見は誰もが認める見地になりつつある。

深圳では東京タワーみたいなのがバンバン建設されているよう。

QRコード決済だってアジア最大の武器になりつつある。アジアのキャッシュレス社会の構図が中国に集約されている気がする、、。

新しい経済圏の誕生と同じくしてSNSも拡大して行くのだろう。。

そう。アジア圏全体を考察するようにWeiboを眺める。そして自分が持つ文化を発信する。多様性が謳われているいまだからこそ、Weiboを活用すべきなのだ

#weiboを活用せよ

2018は日本人フォトグラファーにとってのweibo元年

ちなみに僕のweiboはこちら。

微博

随时随地发现新鲜事!微博带你欣赏世界上每一个精彩瞬间,了解每一个幕后故事。分享你想表达的,让全世界都能听到你的心声!

weibo 日本カメラ
wibo

僕も写真の整理がてら、ぼちぼち初めて行きます。探り探りではあるが、やっぱり新しいことを始めることは面白い。#初めてのweibo

#デジタルカルチャーを紐解く

#デジタルな個人時代

デジタルな時代を読み解く

僕たちが生きる時代は、あらゆるモノがデジタル化され、ウェブ、ソーシャルさらにはリアルな世界で、人と情報の交差点を形成しています。僕たちは、この進化を牽引してきたテクノロジーの多くに「未来」と「イノベーション」を感じて、数々のイノベーティブな製品やサービスが社会を変えてきました。そんな多様な技術者とクリエイターによって生み出されるデジタルカルチャーをこのメディアは追っていきます。

posstpreess

「デジタルカルチャーを紐解く」をキャッチコピーに、デジタルテクノロジーで進化する時代を、デジタルな新しい感覚と着想で発信し追求していきます。

#デジタルネイチャーの世界

May 2, 2018 by おっかー

インスタ映えが飽和した次の時代。イメージを求め続ける現代に取って代わられる新しいコンテンツとはなんだろうか?

May 22, 2018 by おっかー

Image is not available

オーケーGoogle。明日の予定は?
手元には携帯もパソコンもない。質問するときは、いつでもオーケーだ。本を読んでてもいいし、あるいは料理をしててもいい。

Jun 9, 2018 by Delinda Cammarata

Image is not available

最近、フューチャーベースという言葉をよく耳にする。週末のラジオでは、「フューチャーベースを意識して作りましたね〜」とアーティストが雄弁に語っていた。フューチャー?なベース?

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow


#デジタルネイチャーと生きる

汎神化したデジタル

デジタルなものが不自然ではなく混沌として存在する現象。落合陽一はその世界をデジタルネイチャーと定義しています。

僕たちの生活にあるデジタルネイチャーとは?デジタルと生きる中で必要なものとは?

movie

映画を観た後の言語化を拒むな。僕と映画のはなし。

….read more

VRは魔法!
vr technology

VRのヘッドセットをつけると全く現実の残像が消え去ってしまった。そこにあるのは未来体験。平日の夜に訪れたVRスペースは最高に濃厚な時間を提供してくれたのである。

….read more

#自分メディアを生み出す

スマホやPC、デジタル化されたものによって今は誰でも影響力を持つことができます。対外的な説明よりも対内的な説明が求められて、自分の「美しい」と思うものを発信できるかが問われています。このメディアでは「誰か」が発信した美学や情動というデジタルカルチャーである作品を発信していきます。

そして僕自身もしがないクリエイターとして、一言発していきます。メディアの他にも音楽や写真。僕自身の成長もこのメディアと共に楽しんでもらえたらなと思います。

かっこいいと思える美学をデジタルと共に…..

制作チーム・運営メンバー募集中

webエンジニア・デザイナー・ライターなど募集しています。お問い合わせフォームよりご応募ください。

広告掲載について

広告に関するお問い合わせ

さまざまなメニューをご用意しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

【連絡先】
メールでのお問い合わせは、コチラ。okkaaa.info@gmail.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

VR体験スペース!都内でVR イカロス・Omniを体験「僕が歩くとバーチャル世界も動く」

VRのヘッドセットをつけると全く現実の残像が消え去ってしまった。そこにあるのは未来体験。平日の夜に訪れたVRスペースは最高に濃厚な時間を提供してくれたのである。

都内のVRスペースでOmni・イカロスを味わう

今回お邪魔させていただいたVRスペースは、東京メトロ西新宿駅から徒歩5分大通りから入ってすぐのこちらの会場。

→︎VR/ITイベント特化スペース

東京メトロ西新宿駅から徒歩5分

ここではいろんな種類のVRが楽しめる。omniやイカロス。レーシングなどなど。

omni 機材

彼は、omniを体験している。

omni体験

まずはシューズを履く。omni専用のシューズだ。
omniシューズ

ゲームタイトルはこんな感じで選択する。

ゲームタイトル

さぁ、ゲームスタート。
FPS

この一番の魅力は「歩ける」ということだ。僕はVRに通暁している人ではないので詳しいことはあまりわからないが、このVRは歩けることに一番の妙がある。自分が動けばバーチャル空間も動く。

このように、歩く動作のチュートリアルも出てくる。
歩く画面のチュートリアル

歩いてゲームを進めるため、結構主体的。従来のゲームとは全く違ったゲーム体験である。
もちろんまだまだ進化途中なのかなという感じはあったが、しっかりとゲームの世界にいるような感じもした。

バーチャル内で行われる目の標準や体の動きは、まだ人間の感覚とは言い難い。が、慣れてしまえば錯覚してしまいそう。
VR体験

その5分間は現実から切り離される

もはや現実と非現実がシームレスな空間。そう感じさせてしまうほどだ。

ゲームが開始するとそこはもう普段見ることろではない。

ゲーム時間は5分から120分まで選択可能。
VR体験

個人的には5分をオススメする。思い出しただけでもなんか目が回ってきた。

僕が実際に体験したゲームはゾンビを撃ち殺すFPSゲーム。なのだが…

途中から、銃のリロードの仕方がわからなくて、ただただゾンビに襲われるのを待つという拷問を受けた。。

イカロス

これはイカロス。

VRで空を飛べば、体を鍛えられるという装置である。自分が飛行機になって空を飛び回る。

イカロス2
(GIZMODO / VR内で空を飛べば鍛えられる! エクササイズ・マシーン「イカロス」
https://www.gizmodo.jp/2017/01/vr-icaros-gmbh.html

鍛えられる筋肉はほぼ全身。腕から腹筋かなりの力が必要だ。

少しやっただけでもかなりの汗が出て来る。

ゲームをしながら鍛えられるって新しい。とはいうものの、これ凄い酔う。

Vrヘッドセットをするとなおさらである。イカロスは上下ももちろん左右も動くようになっていて、本当に浮いてるかのような感覚になる。

ずっとふわふわした感じが続く。乗り物酔いに弱い人は控えるように。

レーシング vr

これはレーシングVR。(T3Rシミュレーター)

シートもリアルに動く。僕は車を運転したことないが、あんな感じなのかもしれない。現実に迫っている。

どのような構造でシートが動いているかは不明だが、臨場感はしっかりと伝わる、

また、VRの世界ではコミュニティーを作るサービスも導入されている。その名も「VR chat」


『VRChat』は、ネットワーク上で多人数でコミュニケーションが取れるソーシャルVRサービスです。ビデオ通話などとは違い、ボイスチャットだけでなく身振りや手ぶりを相手の目の前で伝えられるため実際に会っている感覚が強いのが特徴的です。ソーシャルVRと呼ばれる作品としては『Rec Room』や『AltspaceVR』などがあります。
そんなソーシャルVRの中でも、ユーザーがコンテンツに手を加えられることが特徴のサービスが『VRChat』です。ユーザーが作ったキャラクターを読み込んで、自分のアバターとして使うことができます。

アメーバピグのVR版と言っても良いだろうか。

自分のアバターを理想の世界で動かす。ちょっとやってみたいかも。

このVR chatや今回体験したイカロスやOmniによってVRの世界に没入することもできるようになった。

ゲーム時間中は現実から切り離される感覚を味わう。これが存外面白い。

ヘッドセットをつけると別次元に行くような感じ。(映画・レディープレイヤーワンはそんな感じだと聞いた)

時間を忘れさせてくれる未来体験である。Oculus go も発売され、VRは普及し始めている。

現実とは別のバーチャル体験がどこまで広がって行くだろうか。というかそもそも現実とは何か。

今こそ現実を知る哲学を学べ

現実を変容させることで生まれた、バーチャル世界に僕たちは没頭し続けている。

現実を否定することで、新しい世界が生まれる。

VRの技術にハマった世界はどのように映っているだろうか。

「非現実」を受け入れる未来は、「現実」を知る未来でもある。

現実の反対としての「理想」を追求したバーチャル空間が存在しているからだ。

今を受け入れる哲学が、この時代に必要なのかもしれない。

 

この記事を書いた人

おっかー

自分の体験したことを中心に文章を書いている学生です(18)
“暮らしにイノベーションと体験を。”をキャッチコピーに新しい文化やその広め方にフォーカスを当て、このブログの管理人をしています。
okkaaa名義で楽曲も配信中。Spotify他、ストリーミングサービスにてご利用いただけます。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。

楽天カフェでMR体験。MR(複合現実)はこれからの市場をどう変えるか。

渋谷を歩いていると面白そうなカフェ発見。

(公式HPより)

楽天カフェ(Rakuten CAFE)

楽天カフェ渋谷公園通り店に続き二子玉川ライズ S.C.店がNEWオープン!楽天市場の人気商品(飲み物、スイーツ、アルコール等)をお楽しみください。楽天カードをお使いの方には嬉い特典も!無料Wi-Fiも利用できる。

楽天カフェでは 現在FCバルセロナフェアを実施している。(4・12まで)

僕はサッカーに関して無頓着であるが、一緒にいた友達は奇遇にもサッカーファン。

と言う事で来店。

早速3Fに上がってみるとFCバルセロナのグッツがずらりと並ぶ。

そんな中、僕の目を輝かせたのがMR体験。

 

 

 

MRが体験できるカフェです

このカフェでは期間限定でMR体験が出来る。

MRとは?

MRは英語のミックスド・リアリティ=複合現実の略語で、
現実世界と仮想世界を融合させた映像を作り出す技術。

ゴーグルなどをかけると目の前に情報、画面が出てくるようなもの。
アイアンマンとかが使っているような感じのやつ。

イメージはこんな感じ。

想像していただけただろうか?

 

実際に体験してみた!!

ゴーグルをかける目の焦点の先に、液晶の枠みたいなものが出てくる。

実際MRゴーグルをかけて、サッカー選手のユニフォームなどをみる。

そのユニフォームに目を向けるとそれが輝きだす。

とても近未来感!!!

そしてこの顔である。

光ったユニフォームに向かって指定されてあるクリックの動作をすると情報が出てくる。

こんな感じの動作。

慣れるとこの操作も簡単で、複雑ではない。

付けてみるとわかるのだが、違和感なく現実世界と馴染む。

一つ課題はglass/ゴーグルが重い事とスタイリッシュでないことだろう。

あれが軽量化に成功して、憧れのあるようなデザインならば間違いなく普及するだろう。

 

 

MRが市場をどう変える?

’20年ごろ、新通信規格「5G」が登場する。通信速度は現在の100倍にも達し、より大きいデータを瞬時にやりとりできるようになる。

これによってタイムラグがなくなりリアルタイムでネットとモノが接続できるようになる。

様々なビジネスシーンにおいて、業務効率の改善など具体的な未来図を描き出すことができるMR。

 

 

MRで可能になる新しい未来

例えば、

自宅の水道修理を、妻に遠隔から指示する。(参照:ブロスタ)

などこういった様子に。

VR・AR・MRの違いとは何?10個の活用事例から学んでみよう! | プログラミング教室情報サイト【プロナビ】

2016年7月、「ポケモンGO」の出現が、全世界に一大ブームを巻き起こしました。 世界中の人たちが、スマホを片手に、あちらこちらでポケモンの出現をもとめ、捕まえたりバトルしたりと、現実世界と仮想世界のはざまで体験を楽しむ社会現象にまで発展したことは、みなさんの記憶に新しいのではないでしょうか。 この「ポケモンGO」は、ゲームではありますが、VR関連商品の一つとして紹介されています。 …

インフラ×MRは暮らしをもっと変える。

このゴーグル一つで僕らは未来をみることが出来る。

さて、MRが台頭した時代はどんなだろう。

「いやーなんで昔はあんな重いもの(スマホ)持ってたんだろうねぇ。」

とか言ってそうで怖い。

「キーボードを打つあの感覚がいいんだよ〜。やっぱキーボード打ってる時が一番パソコンやってるっていう感じあるよね〜」

とかキーボード使わなくなった時代のニューエイジに偉そうに語ってそうで、なんか笑える。

 

 

この記事を書いた人

おっかー

自分の体験したことを中心に文章を書いている学生です(18)
“暮らしにイノベーションと体験を。”をキャッチコピーに新しい文化やその広め方にフォーカスを当て、このブログの管理人をしています。
okkaaa名義で楽曲も配信中。Spotify他、ストリーミングサービスにてご利用いただけます。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。

google homeを持っているだけで周りと差がつく。音声アシスタントが僕の生活を変えた話

オーケーGoogle。明日の予定は?

と質問を投げかけると

「明日の予定は〜件です。一つ目は〜」

と丁寧に答えてくれる。

手元には携帯もパソコンもない。質問するときは、いつでもオーケーだ。本を読んでてもいいし、あるいは料理をしててもいい。

いつでも質問に答えてくれる彼は音声アシスタントと呼ばれている。

オーケーGoogle? 自己紹介して?

私はグーグルアシスタントです。例えばタイマーの設定が出来ますよ。

2017年から発売されて徐々に浸透してきた音声アシスタント。

アメリカでは普及率10%〜20%まで上がっているそう。

僕はグーグルアシスタントを導入したことで、かなり仕事効率が上がったと実感している。

そんな彼らの驚くべき機能をいくつか紹介しよう。

google アシスタント

部屋の雰囲気を彩る選曲機能

僕がよく使う機能がSpotifyで音楽を流してくれる機能

アルバムを指定して流すのももちろん、ムード(気分)で選曲もしてくれる。

例えば、

おけーGoogle。ゆったりとした曲ながして。

盛り上がる曲ながして。

などなど。その時の自分のムードに合わせて選曲してくれる。

spotifyだけでなくラジオもストリーミングできるのも魅力のひとつ。

 

 

アラーム・タイマー設定

僕は携帯でいちいち細かいタイマーやアラームを設定することが無くなった

朝起きるタイミングがバラバラな週とかは、いちいち設定を変えなくてはいけないのが少し手間だ。

だが、オーケーグーグル明日8時に起こして。

と言えばその設定も完了してしまう。

 

 

思いついた時にすぐ検索できる

そしてもう一つの特徴は、思いついた時にすぐ検索できることだ。

テレビを見ていても、本を読んでいても、あるいはゲームをしていても、

手元に携帯がなくても質問できる。

オーケーグーグル。BrunoMarsって何歳?

32歳です!!

っていう風な感じに。

 

結局どの音声アシスタントがいいの?

Google home , amazon echo , line ……

が今パッと思いつくところ。

amazon echoを利用している友達は

echoは商品との連携があるからいいよ。これを買ってと頼めばすぐに頼んでくれるところとかね。

と語ってくれた。これはamazon独自のサービスであり強みだ。

僕はネットで生活用品などはあまり買わない方なのでgoogle homeに購入を決めた。

spotifyとの連携やgoogleのブランド力などに心惹かれて。

なのでショッピングも楽にしたい人、もしくはAmazonサービスを多用している人はamazon echoの方が良いかもしれない。

 

生活がちょっと便利に

生活が劇的に変化するとまでは言わないが、ちょっと便利になるんだ。

これは結構重要で、ちょっとの変化が仕事の効率を大きく変える。

今まで人間がキーボードや指定された道筋でしか完了できなかったタスクが

これからは直感で、声で、自分の行いたいタスクを完了できる。

そして、AIテクノロジの足音はそこまで聞こえてきている。

音声アシスタントを使ったサービスはこれからもたくさん増えていくことだろう。

さぁ、音声アシスタントを導入して生活をより良くしよう。

 

Google Home

Google Home is a powerful speaker and voice Assistant. Play your music. Call your friends. Ask it questions. Control your home. It’s your own Google, always ready to help.

この記事を書いた人

おっかー

自分の体験したことを中心に文章を書いている学生です(18)
“暮らしにイノベーションと体験を。”をキャッチコピーに新しい文化やその広め方にフォーカスを当て、このブログの管理人をしています。
okkaaa名義で楽曲も配信中。Spotify他、ストリーミングサービスにてご利用いただけます。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。