どうも、おっかーです。

こないだSpotifyのオフィスに行って話を伺ったんですけど、Spotifyでは僕のことを、「おかあさん」と呼んでいるらしくて、めちゃくちゃ笑いました笑
okkaaaと読むとイントネーションどこにあるかわからないよな。お母さんじゃなくて、最初にアクセント。おっかーです!!!笑 https://t.co/aQ0SDRAhDk— okkaaa (@okkaaa_1109) 2019年6月26日

twitter

とういうことが先日ちょうどありまして、この話をぼちぼちしていこうかなと思ってます。

ほら、ね。。。意外とみんな思ってたりするんですね。

実はこれ、あだ名なんです。「岡〜」の名字からとったやつ。高校ではそう呼ばれてました。

音楽をやるときに、何かになりたいとこか、どういう像になりたいというのは特になかったんです。自分の生活の中で常にあったものだから。だからハンドルネームをつけたり、新しい名前にしたりっていうのは特に考えませんでした。

いつも呼ばれてるおっかーでいいんじゃね?っていう風にね。特に、自分自身のプロフィールとかラジオ局に送る情報を考えるたびに思うんですけど、自分にぴったりのハンドルネームやジャンルや形容すべき言葉は確実にはないな、と。それでも言葉を使って伝えなくては行けないから、なんとか寡聞な語彙力を絞って伝えようとはしているんですけどね。

基本的に、呼び方はなんでもいいです。業界の人からはおっかーくんて呼ばれることが多いかな。実際にイベントとか会うときに話しかけるときはどうぞ、『おっかーくん』って読んでくださいね。


okkaaa
1999年生まれ、19歳。 音楽クリエイター、ライター/フォトグラファー。

若干19歳ながらラッパー/トラックメーカー/ライター/フォトグラファーという様々な側面を持つ今期待のマルチクリエーター。現在は情報系の大学に通う大学生。2017年にファーストシングル「Lo-Fi」を発表すると、早くもSpotifyのNewEraHipHopに選出。その後も、1st コラボEP「younghood」を発表し、2019年1月リリースの「シティーシティー」はSpotify、AppleMusic他多数の配信サービスにて多数のプレイリストに選出された。またオーディション『TOKYO BIGUP! 2019』では審査員特別賞を獲得。​