「消費されてる自分がいる。社会という構造の中で自分がどんどん取り込まれて、消し尽くされてしまう。だからモノを作らないといけないと思った」
これは、小袋成彬の「分離派の夏」で語られた言葉です。

作品と呼ばれるモノたちを誰かに見てもらいたい。社会に消費される「僕」ではなくて何か作品を残さなければいけない。

自分でつくった音楽、研究、好きなアーティスト、趣味の特技。それらは、誰にいうわけでもなく、自分の中で楽しんだり、趣味として折りたたむ。コンテンツはそれぞれの内奥にあって、、、、

でも、ふと「誰かに伝えたい」と思ったり、聞いてほしい、と思ったりする経験はありませんか?

だからこそ僕はライブをやります。誰もが主役になれるようなライブ。「何かやりたい」が溢れる一日。

どんなイベント?〜カフェとか音楽とかアートとか全部ひっくるめた新しい街〜

音楽とかアートとかカフェとかぜーんぶひっくるめた新しい街。younghood town

集まるのは「自分クリエイター」を発信したい人たちや「何かやりたい」と思う人たち。きっとそれは、純度の高いコミュニティーでみんなが意欲的。クリエイティブな一日です。まさに「エモい」体験。

あなたのコンテンツをこの街で〜コンテンツ内容〜


okkaaaとベーシスト弁当箱くんのコラボセッション。ベースとラップの禁断の組み合わせ。
チルでメローな楽曲をアコースティックで弾き語ります。

またラッパーLUCSさんの参加も決定。私小説的な世界観がyounghoodtown を照らします。


スパイスの香ばしい香りが街を色付けます。

おばらさんはなんと間借りカレーを出店。マツコの知らない世界でも紹介された[間借りカレー]

お店を1日だけ借りて出店する特別なカレー屋さん。今回は、フリーランスの美容師でもあり、ライターの小原さんが出店!

僕、コーヒー好きなんですよ。コーヒーグッズを見たらすぐ買いたくなったり、高校生の時にフェアトレードの文章を書いたりと。

そんな僕が1日カフェ店長やります。1杯80円です!ぜひ飲みに来てください〜、のんびり話しましょう。


そしてタンクのVR体験コーナー。
当日はVRを持ち込んで来てくれるよう!VRイベントに来てもらったり、技術系でいつも相談に乗らせてもらってるタンク。

(VRの記事はこのブログにあります〜。ぜひ興味があればご一読を)

ぜひVRに興味のある方はこれを機会に最先端を体感しよう!

TABIPPOやバカレッジを運営してるたいきのプレゼン。

イベントで知り合った、貴重なライター友達。自分の経験したことないことをたくさん経験してるから見地も豊か。

そんなたいきのプレゼンを聞けばきっとあなたの「何かやりたい」が溢れます。

  • ARカード技術を用いたプロダクトの配布

  • Spotifyのプレイリストカードを使った、この日だけのプレイリストカード配布!

    (入場時に好きな曲を一曲聴きます!)



    など。まだまだコンテンツは募集中。きっと次のプログラムはあなたが持っています。

    僕は自身は、ライブをやろうかなと!自分の曲をやるのは初めてなので緊張してますが。

    ベーシスト 弁当箱 くんとのアコースティックライブを予定してます!

    タイムテーブルは後日公開しますね!

    会場はこんな感じ。

    小さなカフェ。喫茶店のようなあたたかい空間です。ライブ会場というかお家。ホームパーティです。みんなで喋りながら楽しく過ごしましょう!

    音楽とアートと映画と、。いろんな「好き」が集まる場です。「何かやりたい」が溢れる一日を作ります!

    入場料は1000円!

    ぜひ9月16日、予定を空けといてください!!

    音楽とアートとあなたの好きを。Chill and…..

    location

    アクセス方法https://m.facebook.com/media/set/?set=a.280449029004250.1073741831.245300319185788&type=1&l=430d557d1b

    younghood town (2)

    Category
    Tags

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    Back to top